浮気調査が一番安い探偵事務所はどこ?

浮気調査を探偵に依頼して証拠を掴む

浮気調査とは夫や妻、婚約者、交際中の恋人が不貞行為をしているのではないかという場合に、事実を明確にすることを目的におこなわれる調査のことをいいます。

方法としては、自分だけや知人や友人、家族といった協力者と共にする選択肢のほか、プロに依頼する形で不貞行為調査や不倫調査を実施してもらう選択肢とがあります。

ただ、自分たちでやると失敗する確率が非常に高く、疑っていることがバレて証拠を隠滅される可能性があります。だから探偵事務所に頼むのがベスト。

自分の妻や夫に関しては、後々話し合うとして、人に家庭があるのを知ってか知らずかは分からないけど甘い汁を吸いやがった相手の事、凄いムカつきませんか?

・旦那が20代くらいの若い女と浮気(不倫)していたとしてその相手のクソ女
・妻が20代くらいの若い男と浮気(不倫)していたとしてその相手のクソ男

密会しているシーンとかを想像しちゃうとなおさら腹が立つし、少なくとも慰謝料くらいはぶんどってやらないと気が済まなくないですか?

自分の場合はそうだったし、何もなしでスルーして許すとかは絶対にあり得ない。

そいつの人生にダメージを与えないと気が収まらないですよね。できればそいつの人生を終わらせたい。そのくらいの怒りでしょう。

ただ、そんなのも確実な証拠がないとできないんです。

だから、確実に浮気の証拠を掴むためにも、プロにお願いする場合の浮気調査とはなにかを説明しますので、依頼を検討している人はまず一読してみることをおすすめします。

浮気についてライン引き

本題に入る前に、そもそも浮気とはなにか?法律的な目線ではどんなものを指すのかについてお話しておきます。

まず、浮気は結婚相手や婚約相手、交際中の恋人がいながら、ほかの人と内緒や秘密で交際をすることをいいます。

なお、交際相手に関しては、必ずしも異性であるとは限りませんが、同性相手でも隠れて交際していれば浮気として取り扱われる可能性があるでしょう。

それから、ただ単に交際しているだけというわけではなく、とりわけ結婚している人が別の人と肉体関係になる不倫・不貞行為も、もちろん浮気に含まれます。

そのほか、男性では妻や婚約者、交際中の女性に隠れて風俗通いをする人がいますが、これは軽いものであれば浮気とは認められませんが、あまりにもひどいと浮気として扱われるケースがあります。

浮気調査はどこに依頼する?

プロにお願いするといっても、一体どこで浮気調査に対応してくれるのか、わからず困っている人もいるのではないでしょうか。

全てのところで取り扱っているわけではありませんが、探偵事務所や興信所で浮気調査をおこなってくれます。

お金はかかりますが、自分で相手が浮気をしているかどうか調べるよりも、成功率は非常に高くなるでしょう。

浮気調査はどういう目的で依頼する?

浮気調査は相手が浮気をしている事実を明確にすること以外に、さまざまな目的で依頼する人がいます。

・浮気相手と別れてもらって復縁をする

・浮気の証拠をつかんで離婚をする

・確実な証拠集めをして相手とその浮気相手に慰謝料を請求する

・離婚の協議や調停、裁判で有利にする

といったものが挙げられます。

これらのいずれかに該当する目的があれば、プロに依頼する価値は十分にあるといえるでしょう。

浮気調査を探偵事務所に依頼するまでの流れ

結婚相手、婚約相手、交際相手が不倫や浮気をしているのではないかという場合、探偵事務所や興信所に依頼して調査をおこなってもらうことができます。

実際にお願いするにあたり、どのような流れで依頼し、浮気調査がおこなわれるのか、流れを知りたいという人もいることでしょう。

ここでは浮気調査の流れについて順を追って説明しますので、雰囲気を把握するのに役立ててみてはいかがでしょうか

まずは探偵事務所で無料相談

浮気調査に対応してくれる探偵事務所や興信所を選んでホームページの情報で料金や調査力などを比較し、一番いいと思ったところにメールで無料相談をします。

相手が浮気をしているかどうか調べてほしいということ、悩みや不安を感じていることを知らせます。

なお、相手に悟られてしまっては意味がありませんので、探偵事務所や興信所へ相談するときからバレないように注意しなくてはいけません。

探偵事務所で浮気調査の相談

電話やメール相談をしたあとは、探偵事務所や興信所へと出向いて(遠い場合は別の場所になることも)より詳細な話のヒアリングがおこなわれます。

どうやって解決へと導いていけばいいのか、どのように浮気調査をおこなうのがベストなのか提案してくれて、見積もりも提示してくれるのが一般的です。

なお、相談や見積もりは無料でおこなってくれるところが望ましいでしょう。

契約する

浮気調査の方法や見積もりの金額に納得がいけば契約を交わします。

契約書などの書類をとりかわすことになりますが、契約時には印鑑、本人確認書類、調査対象者の写真、着手金が必要になることもありますので、事前に確認しましょう。

浮気調査の実行

契約を交わしたら実際に相手が浮気しているかどうかの調査がおこなわれます。

調査の進行状況は途中で経過報告がおこなわれるのが一般的です。

対象者の尾行や張り込みといったことを実施し、カメラやビデオを使って浮気や不倫の証拠を押さえます。

浮気調査の内容報告

浮気調査が終わったあとは、結果の報告がおこなわれます。

調査報告書が渡されるのが一般的で、証拠写真やDVDなどの媒体に情報を収録してくれるところもあります。

調査終了後には個人情報保護の観点から、書類は全て処分されることになるのが普通です。

浮気調査後のアフターケア

事実を確認し、これからどうしていけばいいのか、探偵事務所や興信所によっては相談にのってくれるところがあります。

また、裁判をすることを検討している人には、無料で弁護士の紹介をしてくれるところもあるのです。

浮気調査が一番安い探偵事務所は?

 

浮気調査の依頼前にあった方が良い情報

浮気調査を依頼する時に、何か必要なものはないかと思う人もいるかもしれませんが、結論からすると確実に必要だというものはそんなに多くはありません。

単純に、「配偶者の行動を調査してください」と言って日時を指定するだけでも依頼は成立します。ただ、情報があればあるほどそれだけ調査がスムーズになり料金も安くなるし、成功する確率も高くなります。

対象者の基本情報

調査対象者の基本的な情報は必要です。
氏名はもちろん、住所、生年月日、携帯電話の番号、勤務先などは基本的な情報ですので、まとめて提供出来るようにしておきましょう。
顔写真や外出時に普段よく着ている服装などがわかると手がかりになります。
また車を持っている場合、車のナンバーも有力な手がかりです。
車種や色も識別に役立ちますので、控えておきましょう。

調査相手の行動パターン

調査の上で有効なのは、対象となる人の行動パターンです。
朝別れたきり夜中に帰って来るまでわからないという場合もあるでしょうが、曜日によって帰って来る時間帯が違ったり、家を出る時間が違うような場合には手がかりになる可能性もあります。
ここ1ヶ月や2ヶ月の間で、車で出かけた日や何かいつもと違う行動を取ったというような事実があれば、わかる範囲で記録があると便利でしょう。
気づかれないように手帳などにメモしておければベストです。

交友関係、立ち回り先

会社の中や外でサークルに入っているとか、趣味で行っているスポーツなどがないか趣味嗜好をまとめておきましょう。
よく行く飲み屋やパチンコ屋など、立ち回り先がわかると行動範囲がわかりやすくなります。
これはわかる部分が少ないかもしれませんが、思い出せるだけまとめておきましょう。

浮気相手の情報

まったくわからないケースもあるでしょうし、なんとなくわかっている情報があるケースもあるでしょう。
思い違いの可能性もありますが、手がかりになりそうな情報は一応まとめてみましょう。

浮気調査の無料相談はこんな感じ

浮気調査を依頼しようと思った場合、どういった流れになるのかをまとめてみましょう。
もちろん各探偵事務所で異なりますので、実際に依頼するところが決まったらホームページなどで調べてください。

まず、依頼の仕方ですが、ホームページからメールを送れるようになっているところも多いので、パソコンやスマートフォンからメールで依頼することも出来ます。

場所がわかっているなら、自分で直接探偵事務所へ行くことも出来ると思いますが、探偵がその時にいるかどうかがわかりませんので、まずはメールが一番でしょう。

一般的に返事はすぐに折り返し来るので、そこで最初の相談日時を決めます。
良心的な探偵事務所なら、その日の夜や次の日など、すぐに対応してくれるでしょう。
相談場所は探偵事務所の場合や、依頼者の近くのファミレスなどの場合もあります。
実際に会って話をする形になります。

一番最初の打ち合わせは、どういった相談で、どういった調査を希望しているのかという内容の確認になりますので、無料としているところがとても多いです。

探偵事務所のほうも、どういった内容なのかを聞いてみないことには引き受けられるかどうかがわかりませんので、無料でヒアリングするという形にしているわけですね。そこで内容が明確になった後で正式な費用の見積が出て、依頼者が納得すれば契約となります。

後は決められた日時に決められた内容の調査が行われ、依頼者は後日結果を報告書という形で受け取ることになります。
これがおおまかな流れです。

ちなみに、一番最初の相談時には、無料ですし、匿名でも構わないとしている探偵事務所も多いです。見積もり前に依頼するかどうかもわからない段階であまり素性を明かしたくないという人もいるからです。

ただ、本契約となった場合には、本人の身元確認と契約書の締結は法律で定められたことですので、当然本名と身分証明証は必要となります。

相談するだけなら、そこまで固く考える必要はありません。

浮気調査にかかる料金相場・費用内訳

探偵事務所や興信所に浮気調査の依頼をするにあたり、一体どれぐらいのお金がかかるのか、費用のことを気にする人は多いでしょう。

ここでは、浮気調査の費用の相場や内訳について取り上げていますので、興味のある人は一読してみてください。

浮気調査の料金相場は?

浮気調査の料金相場は、1日あたり15~25万円以上といわれています。

相手がいつ浮気をするのかわからないと、調査の日数も増加し、かなりの費用がかかってしまうことになります。

しかしながら、いまは依頼者の負担を軽減するために、1日あたりの料金×日数の加算式料金システムを採用していないところも少なくありません。

こうした探偵事務所や興信所においては、定額料金制を採用していることが少なくありません。

この場合には日数が増えても料金は加算されず、15万円だったら15万円、25万円だったら25万円といった具合に、費用は固定になるのが特徴です。

また、浮気調査を依頼する際には着手金が必要になることもありますが、これは2~10万円が相場といわれています。

そのほか、探偵事務所や興信所では成功報酬制度を採用しているところもあり、証拠を押さえるなど調査が成功に終わった場合の料金がかかるところがあります。

なお、この成功報酬の相場は15~50万円となっていますので、参考情報として覚えておくとよいでしょう。

浮気調査の料金内訳は?

全体の料金相場を解説しましたが、実際に依頼する際にはなににいくらかかるのか、細部まで確認した上で契約するか検討しなくてはいけません。

浮気調査の料金内訳ですが、調査料金として基本料金(着手金)、人件費、深夜・早朝の割増料金が挙げられます。

それから諸経費もかかり、交通費、車両費用、燃料費、高速道路料金、宿泊代金、機材費用、印刷代、通信料金、飲食代、入場料、入館料などが発生します。

そのほかにも、報告書作成のための手数料、成功報酬がかかりますが、契約をするにあたってはこれらをこまかく確認して、追加でなにかとられるお金がないかどうか書面に残してもらうことが大切です。

浮気調査を依頼する人が今最も多いと言われている原一探偵事務所などであれば、最初の見積額からの追加料金もないので安心して依頼する事ができます。ピンポイントで怪しい日が分かれば最安12万円程度で確実に浮気の証拠を掴む事ができます。

探偵への浮気調査の料金を出来るだけ安く抑えたいのであれば是非検討してみてください。無料のお見積りは以下から可能です。分割払いにも対応しているので安心です。

浮気調査は自分でやってはいけない

夫や妻が間違いなく怪しい…不倫をしているのは間違いない・・・
と思っていても、浮気調査は、後々のことを考えても自分で行うべきものではありません。

自分で証拠をつかんでやろうとしても、旦那にはぐらかされたり、
携帯をロックされたりして、ますます証拠をつかみにくくなってしまったりという事も・・・
ですので、ちゃんとした使える証拠を集めるにはプロの探偵事務所に依頼するのが基本です。

でも、例え探偵事務所に依頼をした場合でも、自分で注意しなければいけない点はたくさんあります。
おそらく実際に依頼をした時に探偵事務所のほうから説明を受けることになるとは思いますが、人間ですから、無意識にやってしまいがちなことも多いです。
何より自分はいま正常な精神状態ではないのだということをしっかり理解して、あらかじめ心の準備をしておく必要があるでしょう。

調査前にやってはいけないこと

調査前に自分が浮気調査をすることを他人に漏らしてしまい、それが本人の耳に入ってしまったというケースがあります。
とても残念なことに、話した相手が浮気の相手だったなどという嘘のような真実もあると言います。
ただでさえ重苦しい気分で、だれかに打ち明けて楽になりたくなる気持ちもわかりますが、調査が終了するまでは絶対に誰にも話さない必要があります。
例えそれが身内でも、親友でも、誰にも言わないことが一番です。

調査中にやってはいけないこと

まったく普段と変わらないように、普通の態度で普通の会話をすることが一番大事です。
自分はさりげないつもりでも、相手の行動を探るような会話はしてはいけません。
まったく関係のない話をするのが良いでしょうが、普段あまり話さないのに急におしゃべりになるのも変です。
普段通りに、というのがどれだけ難しいことかと思いますが、悟られないようにする必要があります。

普段からやってはいけないこと

よくあるのが、配偶者の仕事場の同僚や友人に浮気を問いただしたりすることです。
ほぼ間違いなくそこから情報は出てきませんし、そんなことを聞かれたという話がすぐに本人の耳に入ります。
本人の警戒を最大限に高めるだけで、何のメリットもありません。
残念ですが、浮気を疑い出した時から、周りすべてが相手の味方だと思うくらい慎重になる必要があります。
自分の味方が必要な場合には、プロの探偵事務所を頼ってください。

浮気調査のあとが肝心

ある探偵事務所の所長は、浮気調査は調査が肝心なのではなく、調査を行った後が肝心だと言います。

浮気調査をしたいと希望している時は当然頭の中は疑念でいっぱいですし、とにかく真実が知りたい、本当のことが知りたいという思いだけだと思います。

きちんとした探偵事務所であれば、計画に基いて調査を行い、ほぼ間違いなく事実をつきとめます。プロですから、ハッキリと白黒の結果が出るのです。

本当に考えなくてはいけないのは、その結果が黒だった時です。

真摯な探偵事務所では、黒だった時にどうするかをしっかりと事前に確認すると言います。感情に押し流されて調査を行った結果、最悪の情況を知ってすべてが嫌になってしまう人もいます。

命に関わるような事態になるケースも無いとは言えません。結果が出た時にどうするのか、そこがなければ、調査をする本当の意味がわからなくなってしまうのです。

人間は幸せでいるべきですね、だからこその調査であるべきです。

心底辛い事実かもしれませんが、結婚している相手が浮気していたとした時に、離婚訴訟をするのかどうするのか、自分なりの結論は持った上で依頼をすることをおすすめします。

結果が出てから考えるというのでは遅いことなのです。

最近では欧米並みに、結婚前にお互いに取り決めをしておくカップルが増えたそうですね。結婚成立後にトラブルが起こった場合にどうするかと内容で、そこでは「浮気が発覚した場合は条件に従って離婚に応じる」などと言った取り決めもあるそうです。

もしそんなことが決まっているなら、かえって楽かもしれません。日本もこれから変わっていくのかもしれませんね。

浮気調査の最新情報

探偵事務所の失敗しない選び方と依頼方法 探偵事務所の失敗しない選び方と依頼方法 結婚調査の料金・費用はどのくらい?調べられる内容ってどんなもの? 結婚調査の料金・費用はどのくらい?調べられる内容ってどんなもの? 結婚調査を利用する事でのリスクと調査中に注意する事 結婚調査を利用する事でのリスクと調査中に注意する事 結婚調査を利用する目的とメリットは? 結婚調査を利用する目的とメリットは?

新着記事一覧を見る